読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらびんのもっちもちホビー

トゥーンリンク使いのブログ。

トゥーンリンクの対ルイージ

今回はルイージです。

f:id:keimidosei1031:20170103142753j:plain

トゥーンにとっては五分な相手だと思います。

                            

ルイージ
・バースト技
後ろ投げ 120~
上スマ (後ろ側)110~ (前側)118~
下スマ (前側崖)140~ (後ろ側崖)120~
横スマ (下シフト崖)73~
上B 58~
下B (1段ジャンプ位置)115~?
弱×n上B 55~
(崖)下投げ反転空上空後 70~8,90前後まで?
(崖)下投げ空前空下サイクロンメテオ 0~
空後 (崖)103~

・コンボ
低%
下投げ空前空前、空N、空上…
下投げ空上空後
下投げ空前空下
中%
下投げ空N上B、下B
下投げ反転空上空後
弱上B

・立ち回り
低~中%→掴み拒否の徹底。飛び道具フック

高%→崖際の掴み拒否と上スマ拒否ガード固め。投げコンは120%程度まで

着地狩りはブーメラン弓で。爆弾はサイクロン、空Nカス当てに当たると不発になり
やすい(ブーメランは空Nに当たると消えてしまうのでそこまで期待せず)

相手の復帰には弓矢ブーメラン。爆弾はサイクロン復帰、上Bに対して不発なため。
ジャンプを潰した際には積極的に空中攻撃

弱弱上B対策→ガード?弱に当たらない位置取り

小ジャン空後ガード後は何も出せないので上スマ等叩き込む。

復帰はなるべくジャンプ消費せずに。ジャンプつぶれたうえのサイクロンメテオ対

上強連はNG→暴れ2,3回入ることも。上強→ガード→ガーキャン行動

崖際下投げ反転空上空後が確定かつ、7,80%からバーストされるため注意

爆弾空前するときは少しでも確定じゃないかもと思えば引くか相手の暴れを確認す

こちらの掴みは少なめに。下回避→上Bでこちら60%もあればバースト。掴み通して
も10数%稼げるのが精一杯なのは割に合わない。崖際後ろ投げが確実に決めれそうな
場面のみ

相手のNBには爆弾投げ。ブーメランはダメ

上空での爆弾出しはサイクロンに狩られるのでダメです。

                            

低~中%帯

・掴み

・弱

の二つの拒否が大事。

どちらも至近距離で繰り出される始動技なため、終始近距離戦を拒否し続けることが重要だ

トゥーンの近距離といえば上強からのコンボが代名詞的だが、ルイージには上強連が入らない上に、一度のリターンがこちらだと上スマで13%。相手は掴みから2,30%稼げるといった具合に、倍近く負けているのであまり読みあいを仕掛けるのは得策とは言いにくい。

着地に掴みを合わせられることも多いため、浮かされた際には崖に逃げて着地狩りを拒否するべき。

弱からは上Bがつながりやすいらしく、噛み合ってしまうと50後半でバーストしかねない。こちらがかなり優勢だからと油断して近寄ってしまうと早期バーストに繋がる。一切の油断を捨てて心を鬼に爆弾を投げ続けよう。

高%帯は、

・上スマ

・崖際の後ろ投げ

をいかに拒否するかに立ち回りが変化する。

こちらが120%を超えた辺りから、掴みからのコンボが無くなるため、序盤の掴み拒否とは一転してガードを固めることで相手の上スマ等の反確を狙うように動くといい。

注意したいのは崖際での後ろ投げで、こればかりは回避やジャンプや飛び道具投げ等で拒否するしかない。

 

と、%ごとの立ち回りを書いたが、対ルイージではいつバーストされてもおかしくない技が多数存在するため、絶対にどこにいても油断しないことが最も重要だ。

・崖外

サイクロンメテオに空下メテオなど、復帰阻止に有効な技がある。サイクロンメテオを食らわないためにはジャンプを消費せずに復帰するのが望ましい。なるべく上Bだけ、ワイヤーだけでを徹底したい。

・浮かされたとき

上空だからと安心して爆弾を出してしまうと、とんでもない上昇力でサイクロンが迫ってきます。

・油断して近距離戦した

弱上B

・油断して上スマぶっぱなした

上B

・油断して掴み擦った

上B

・コンボ食らってるときに回避着地したった

上B!!!!!!!!!!!!!

 

スマバトの予選で弱上B食らってバースト。その負けが原因で予選落ちしたっていう過去があるのでマジで油断しないようにしましょう。

トゥーンリンクの対マリオ

今回は対マリオについて。

f:id:keimidosei1031:20161230193429j:plain

トゥーンにとっては微不利に位置付けされる相手となる。

まずはキャラ対メモを貼り付け!

                                  

対マリオ

・バースト技
☆後ろ投げ 125%~
☆上スマ 113%~
下スマ (前側崖)115%~ (後ろ側崖)103%~
横スマ (先端中央)95%~ (崖)75%~
空後(崖) 125%~ 
空上 (1段ジャンプ位置)150%~
空下 (1段ジャンプ位置)145%~
下投げ空前メテオ(外側ベク変なら非確定)
空下最終段はずし→各種スマッシュ 
空N→振り向き上スマ (内側受け身で回避可能?)105~ 
空N→弱ダウン連→各種スマッシュ(空N後、受け身で回避可能) 50~60
崖外ポンプ→マント
復帰阻止

・主要コンボ
下投げ→上強×n回→空上etc…
上投げ→空上→空下 21%
空上→空上 14%
空上→空前 21%

・立ち回り
バースト技は基本的に後ろ投げ、上スマに注意。

近距離戦では分が悪いので、コンボに巻き込まれ始めたら暴れなどせずに即座に離れることを意識

着地狩りが強いため、浮かされた際は崖に逃げる。

逆に相手の着地は狩りにくいが、剣のリーチや飛び道具を生かして狩る。

上Bが狩りにくいので復帰阻止は基本的に行かず崖を上がらせないことを徹底。

序盤は掴みからのコンボに注意し、掴み拒否を徹底する。

後半に差し掛かると逆に、後ろ投げ以外がバースト技として機能しにくいうえ、確定コンボも無くなってくる(120%以降?)ためガード固めて隙の大きい技を誘うのも手

空中フックや飛び道具によるけん制はかなり有効。

こちらが復帰する場面はかなり不利なので極力外に出されないことの意識。

                                  

一度掴まれたら4.50%もの超火力を稼がれてしまうこともあるため掴み拒否をいかにするかが序盤、中%帯の流れになる。メモの通り、飛び道具や空中フックのけん制が掴み拒否に直結するはず。

高%では上スマや後ろ投げといった主要なバースト技に最も注意しながら戦いたい。

 

上スマを当てられるプロセスは大まかに分けると

①着地狩り

②回避、ダウンからの起き上がりといった読み。

などだろうか。

特に①の着地狩りは、トゥーンが苦手とする分野でもあるため特筆しておく

まずは浮かされたときに甘えた着地をしないこと。遠くに逃げて飛び道具を撒きながらなら着地出来るだろうではなく、きちんと崖へ逃げることで着地を狩られないようにするのが今のところベストに思う。

②では、安易な回避や何度も同じ行動をし続けないといった配慮が重要なため、高%になる前からあらゆる択を相手に見せておくといいかもしれない。

その他には相手が焦って上スマをぶっぱなしてくる場面もある。上スマが多い相手だと判断したら、近づいてくる相手に焦って回避などはせず、きちんと上スマをガードすることで反確バースト等も狙っていけるはずだ。

 

次に後ろ投げについてだが、崖際で振り向き掴みをされる”かもしれない”ということを常々想定しておくのがベストだろう。崖際ではガードを固めずにジャンプや回避等で掴みを拒否。このとき同じ選択肢で逃げ回り続けていると回避を読まれて上スマを叩き込まれるのは注意したい。

 

とにかく、こちらが高%帯でこれら二つを当たらないようにするだけで相手はかなりバースト難に陥ることは間違いない。バ難になれば相手も甘えた攻撃が増えて反確が取りやすくなる。

 

以上がトゥーンの対マリオです。その他こういう対策もあるというのがあればTwitterやコメントにて教えてください!!!!!!!1

キャラ対策について

スマブラにおいて、対戦相手のキャラクターをどれだけ知っているかは勝敗を大きく左右する要素の一つだ。

相手のバースト技を知るのはもちろん、技の範囲、そのバースト技で自分のキャラが何%でバーストしてしまうのかなど、それを数字で覚えるだけで注意がしやすくなる。

 

ひとまず例として私の書いている対キャプテン・ファルコンのメモを引用してみた。

                                       

キャプテン・ファルコン

・バースト技

弱(崖)145%
☆前投げ(崖)155%
☆上投げ 170%
☆後ろ投げ(崖)120%
横スマ(崖)80% (真ん中)95%
ファルコンキック(出始め)110%
ファルコンナックル115%
空下空上?(コンボカウンターは回る)110~
空前(崖)60 (真ん中)80?
最低空空上空前(崖)50 (真ん中)65
下強(崖)130
空NA(崖)120

・立ち回り
下投げは全て外側べク変。(下投げ空前が確定してしまうため。)
→空上は16% →空N空上は26%
投げコンボは100程度まで確定有り。それ以降はガード固め
ただし、崖際後ろ投げのみ120%辺りでバーストしてしまうので注意

崖の弱置きはその場、ジャンプ、攻撃上がりに刺さる
→崖離し攻撃か、相手の別行動確認後上がるか、回避上がり

復帰阻止に弱いので、外に出てきた場合はなるべく攻撃する。特にジャンプを潰して外に出した際は積極的に。
しかしながらこちらも復帰阻止に弱いため、細心の注意のもと行う

DA後に確定コンボは約60%以降存在しないため、受けた後の回避はNG。
ジャンプか様子見で着地するといい

相手のコンボ中は回避を見てからメテオや空前を繋げてくる形が多いため、無闇な回避はNG

こちらの上強連はこちら0で35%まで。そこから上スマで48%稼げるので積極的に狙う

基本的に崖周りおよび、復帰阻止が強いため、崖を背負う形になるのはかなり不利。
ステージ真ん中に陣取る。
逆に、復帰阻止によく来る相手の場合は復帰阻止阻止ねらいで外へと誘い出すのもあり


ステージ半分以上空いていても、爆弾生成に追いついてくる

                                       

 

といった具合だ。まだまだ対策不足の部分は多くあると思うが、こうして対戦するたびに思ったことをただメモしておくだけでも、再び目を通した際にそういえばこんな対策あったなと思い出すことが出来る。

特に、相手キャラがよく使うコンボ(cfの場合下投げ→X といったもの)などは要チェックしておいたほうがいい。確定%からはずれていることを知らないがために、相手に回避、暴れを確認されてバースト技を貰うなんてことも起こりうるからだ。

少なくとも、スマメイトやフリー戦といった相手が分かる試合の前にはこうしたメモに目を通すだけで立ち回りに大きな変化が現れるだろう。

 私はスマブラを”ガチ”でやり始めてから1年半ほど経つが、こうしたメモを取り始めたのはつい3,4カ月前ほどからだ。スマバトに赴いた際のフリー戦で疑問に思っていたことを相手に聞いてみたり、対戦中に思ったことを聞いてメモしたりして、ようやく全キャラ中半分に至る数の対策メモが仕上がりつつある。

メモを取り始める前と後とで、自分のダイアグラムが大きく変動するほどにその影響は大きい。

 

f:id:keimidosei1031:20161228163834j:plain

↑が5月。メモを取り始める前のすっとこどっこい時代

↓が10月。メモを取り始めて多少知性が芽生えた。

f:id:keimidosei1031:20161228163807j:plain

今再びダイアグラムを組めばどこかしらに変化がありそうだがそれも追々更新していきたい。

 

 

このブログを始めるにあたって、今後記事にしていく内容はずばり「トゥーンリンク目線のキャラ対策」だ。自分自身、スマメイトでランカーになったこともなければオフ大会で上位に食い込んだこともない一般プレイヤーだが、こうした日々の積み重ねによる圧倒的成長を信じてブログを綴っていこうと思う。

私が書いたこと以外でキャラ対策があれば是非ともコメントや、Twitterなどで教えてほしい。

また、私とは違ったメインキャラクターを使う人が同じようにキャラ対策記事を展開していってもらえれば、より深みのある対策に近づくのではないかというのがブログ開設の狙いでもある!みんなも気楽にブログを始めるなりしてキャラ対策を発信していって欲しいと切に願うわらびんでした!!!